家庭用脱毛器比較

家庭用脱毛器を比較して選ぶなら?

こちらでは、たくさんの脱毛器がある中でも、特に人気のある家庭用脱毛器をいくつかピックアップしてみました。

 

その中で、価格やメリット、デメリットなどを徹底的に比較してご紹介しています。

 

実際に購入される際の一つの目安となれば幸いです。

 

脱毛器選びで失敗したくない方は、ぜひ参考にして選んでみて下さい。

 

 

機種名本体価格*メリットデメリット
ケノン
ケノン
(フラッシュ式)
69,990円1カートリッジあたり50000回照射可能で、文句なしのコストパフォーマンス。照射面積も広く、スピーディーに全身脱毛ができる。美顔器機能やまゆ毛専用脱毛器もオプションで付属。本体価格の高さが一番のネック。返品保証が付いていないため、学生さんには手が届きにくいかも。また、フタには全面鏡が付いているが、歪んでいて見えにくく使いづらいと言った声も。
イーモリジュ
イーモリジュ
(フラッシュ式)
89,000円照射範囲が広く、一度に広範囲の脱毛が可能。痛みがほとんどないところも魅力。また、1カートリッジあたり18000回の照射が可能でコストパフォーマンスの良さも強み。本体価格が高いので、初期費用としてお金がかかる。照射範囲が広いので指の毛や鼻の下の産毛などの処理には不向き。
センスエピ
センスエピ
(パルスライト式)
19,800円家庭用脱毛器では初めての「肌色センサー」を搭載し、優れた安全機能を備えているのが特徴。また、照射範囲も家庭用脱毛器の中では比較的広く、背中など広範囲の脱毛に最適。1カートリッジあたりのショット数が750発と少ないため、1ショットあたりの単価がかなり高くなってしまう。全身脱毛を行いたい方にとっては割高な商品かも。
トリア
トリア
(レーザー式)
54,800円カートリッジが必要ないため、本体が壊れない限り追加料金がかからないのが魅力。ピンポイントにレーザーが照射されるので、細かな場所や太い毛などにも効果あり。1本1本レーザーを当てていくので非常に時間がかかる。レーザーなので多少の痛みがある。
ノーノーヘア
ノーノーヘア
(熱線式)
28,380円熱によってムダ毛をカットするから痛くないのが特徴。何度も使い続けるうちにムダ毛が細くなり徐々に目立たなくなっていく。持ち運びが便利なのが魅力。永久的な脱毛ではないので時間が経てばムダ毛は生えてきます。頻繁にお手入れが必要。

 

※価格はキャンペーンなどで大幅に変動する場合があります。

家庭用脱毛器の人気比較ランキングはこちら

家庭用脱毛器選びで失敗?口コミ評価を信じないで!【比較ポイントは?】関連ページ

エステとの違いを比較
【おすすめはどっち?】脱毛と言えば脱毛エステ!というのはもう昔の話。今では家庭用脱毛器の性能がエステ並みに進化しているので、自宅で手軽に脱毛する方が増えています。でも、脱毛エステと家庭用脱毛器にはそれぞれメリット・デメリットがあります。どちらにしようか迷った方はこちらを参考にしてみて下さい。
自己処理との違いを比較
【スベスベ肌になるのは?】カミソリや毛抜きで簡単に自己処理をしている方、黒ずみや色素沈着、埋没毛に悩まされていませんか?だからと言って、高い家庭用脱毛器を買う気になれないのが現実ですよね。ここでは、自己処理と家庭用脱毛器のメリット・デメリットを徹底的に比較してみたのでご覧下さい。
メリットを比較
【メリットが大きいのは?】フラッシュ式やレーザー式など、色々な種類の家庭用脱毛器がある中で、一体どれが一番良いのか気になりませんか?ここでは、各脱毛方式のメリットを徹底的に比較してみました。価格や口コミ評判だけでなく、安全性やコスパにも注目しています。
家庭用脱毛器のQ&A
【気になる疑問を解決!】ここでは、家庭用脱毛器に多く寄せられる疑問や質問をまとめてみました。一番痛くない脱毛器は?一番お得なのは?という疑問もズバリ解決!家庭用脱毛器選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。